引っ越し代金はいつ支払う?

MENU

引っ越し代金はいつ支払う?

 

引っ越し代金はいつ支払う?

 

引越し費用を現金払いした

 

引越代金は、原則決まりでは引越完了のときに支払うことになっています。荷物の搬入が完全に終わって、
業者さんと荷物最終確認で問題ないとなったところで
現金かクレジットカードで支払います。

 

その際、請求書と事前に受領している見積書を確認して、
金額に差異がないことを確かめましょう。

 

荷物や家具家電の状態に納得いかない部分があれば、
支払いを後日に延ばすか、半額を支払って
残金は問題が解決してから支払うなど、搬入責任者と話し合いましょう。

 

 

原則作業が終わったところで支払うのですが、支払うタイミングは業者によります。

 

・アート引越、アリさんマーク、サカイは作業開始前の支払いでした。

 

・キタザワ引越、天草引越センターは作業完了後に支払いでした。

 

引越し業者がお会計を言ってきた段階で支払えばよいです。いつ払っても問題ありません。

 

 

支払い方法。クレジットカードは使える?

 

引越代金の支払いは、原則現金で支払いますが、
最近はクレジットカード決済に対応しています。

 

訪問見積もりのときに料金を交渉すると、値引きを引き出せることが多いです。そのとき「現金払いを条件に」と言われることが多いです。

 

引越し業者としても、クレジットカードより現金払いのほうが手数料がかからないので、現金払いのほうが好まれます。依頼者はクレジットカード決済のほうがポイントやマイルが貯まるのでありがたいですが。

 

大幅値引きを引き出したのであれば、現金払いに応じるのがよいでしょう。
引越し業者のモチベーションを下げることはしないほうがいいと思います。

 

その反面、3月の高い時期に引越しをする場合は、「現金一括は無理です。カードじゃないと支払えません」と言えば、クレジットカード決済にしてもらえます。3月でなくても、安い見積もりを引き出せなかった場合や、「クレジットカード決済を条件」に契約した場合はクレジットカード決済できます。

 

作業開始前に支払い手続きを要求されることが多いですが、
引越し当日にバタバタすることを考えたら、事前に支払い手続きしておきましょう。

 

カード決済でも現金支払いでも、
領収書は確実に受け取りましょう。
搬入後、業者と一緒に確認したときは問題が見つからなくても、後になって気づくときがあります。
そのとき、領収書が有利な証書になります。

 

 

チップは?相場は?

 

汗を流しながら、
一生懸命荷物の搬出・搬入をしてくれる引越業者を見ていると、
何かしてあげたい気持ちになるものです。

 

つい、業者さんへのチップを渡したくなるのですが、
原則、契約外の金銭は受け取ってはいけない決まりになっている業者が多いです。
このような業者はチップは受け取らないよう指導されています。
ですので、引越しに関してはチップは慣例にはなっていません。

 

もし、渡したいという気持ちがあれば、
1人1000円〜2000円程度を渡す例が多いです。
渡すタイミングは、作業を開始する前に「昼食代の足しにしてください」と渡します。
そうすれば、作業員さんとしても受け取りやすく喜んでくれます。

 

お小遣いをもらったからというわけではないですが、「より丁寧にやろう」と思うのが人情でしょう。チップはあげてもいいかもしれませんね。

 

 

旧居-引越あいさつのページに進む

引越しライフル

引越しズバット

スーモsuumo

ライフル

単身者はライフルで見積もりを取ることをお勧めします!安い赤帽が登録しているので最安値がいくらか分かるからです!1番安い見積もりが分かってから他社と交渉したほうが安い見積もりをもらいやすいです。単身で荷物も少なかったら赤帽に頼むのもとてもおすすめです!

ズバット

50%オフは当たり前!安い見積もりが取れると評判です。ズバットはとにかく安い見積もりを取ることを目指しています。格安業者も登録しています。キャンペーンも魅力的です。申し込んで損なし、見てみることをおすすめします!

SUUMO

電話がかかってこない一括見積もり!後から業者の電話が嫌な人におすすめ。運営者は大手リクルートなので安心感も抜群。安くて、電話がかかってこないのがよいならこちら!

引越し単身・一人暮らし<<安い引越し料金の相場を知る>>TOPページに戻る