信頼できるおすすめの引越し業者の選び方

MENU

信頼できる引越し業者の選び方

かつて引越業界はグレーな業界と言われていました。
見積もりは有料のところもありました。

 

見積もりをとると、強制的に契約を迫る業者もあったそうです。
狭い道路や高層住宅が引越先だと、別料金を請求されたこともありました。

 

最近は、引越業界の自助努力もあって悪い評価は影を消してきました。
大手引越業者では上場する会社が多くあります。

 

現在では、社会的に透明性が認知されてきた引越会社ですが、
より納得できる引っ越し業者を選んだ方が安心して
引越しをお願いできますよね。

 

 

いい引越業者を選ぶポイントは

 

口コミやネットの評価はほどほどに

 

見積もりや料金がリーズナブル

 

利用者を考えた引越ししてくれる

 

適切なアドバイスをしてくれる

 

この4つが大事です。
以下に1つ1つ説明していきます。

 

1.口コミやネットの評価はほどほどに

 

見積もり請求や打ち合わせなどで
自分が感じた評価を優先しましょう。
営業担当者の印象ですね。

 

自分の大事な家具類を遠方まで間違いなく運んでもらうことを
任せていい業者かどうかを自分で判断しましょう。

 

どんなに大手の引越業者でも悪い評価はあります。
「1つでも良くない評判があったりしたら頼まない!」
と言うと頼める業者がなくなってしまいます。
業者も人間ですからその時の担当によって当たりハズレがありますからね!
他人の評価や口コミは参考程度にしたほうが良さそうです。

 

引越し業者の営業も作業員も最後は「人」です。
たまたま良い人、よくなかった人に当たるということは
引越しに限らずあることです。

 

 

2.見積もりや料金がリーズナブル

 

国の指導下に置かれている引越業界は、
基本的な部分では料金はおおむね大差なくなってきています。

 

しかし、見積書の出し方や明細書の基準項目など、各社ばらつきがあります。
そのため、料金は各社によって差異があります。

 

各社の見積書をよく検討して、明らかに相違する業者は要注意です。
また、個人の引っ越し屋が多いですが、内金や手付金を要求する業者は避けた方が無難です。

 

 

3.利用者を考えた引越ししてくれる

 

利用者のことを考えた引越しを提案してくれる引越業者は優秀な業者です。
そのためには、見積もりで必要な項目だけを質問して金額算定…。
このような業者は考え物です。

 

見積もりに必要なことだけでなく、
打ち合わせて利用者の要望や願いを聞いてくれる業者を選びたいものです。
この要望などが伝わってないと、後日トラブルになりかねません。

 

 

4.適切なアドバイスをしてくれる

 

こちらの希望に対して、
的確なアドバイスをしてくれる経験豊富な業者を選ぶことも大事です。

 

不確かな情報しか持ち合わせていないため、高いプランを勧められたという実例もあります。
知識をつけるためにも、複数業者の見積もりを知ることは大切です。

 

費用総額は高くなったが、色々なオプションをつけてくれて、
トータルで考えると安いという場合もあります。
担当は引っ越しのプロです。
担当が適切・親身な提案をしてくれる引越し屋さんが一番信頼できると言えますね!

 

引越料金の内訳のページに進む