概算見積もりと正式見積もり

MENU

概算見積もりと正式見積もり

引越見積もりには2種類あります。

 

概算見積もり」と「正式見積もり」です。

 

 

概算見積もり

 

最近では各社のホームページのフォームに入力することで
おおよその引越し料金が分かるようになっています。

 

クロネコヤマトのHPでは、その場で金額が表示されますが、
そのほかの引越し業者は、後日、入力したメールアドレスに
見積もりを送信するシステムになっているようです。

 

 

この見積もりは、概算見積もりと言って、
おおよその引越し料金の目安を把握するもので、
この概算見積もりをもとに引越業者を絞ることができます。

 

 

正式見積もり

 

概算見積もりで、いくつかに絞った引越業者に連絡して、
自宅に来てもらい、家具や荷物などの現物を見てもらって
引越料金を算定してらもらうのを「正式見積もり」といいます。

 

1社だけに絞らなくて、数社に正式見積もりを依頼してもかまいません。
引越し確定を複数社するという意味ではなく、家に来てもらって正式な金額を複数社出してもらうという意味です。
ただし、複数見積もりが常識だといっても、業者同士が鉢合わせするのはよくありません。
時間帯にある程度の余裕を持たせて、来てもらう時間を設定しましょう。

 

 

正式見積もりのときに値段交渉できる

 

正式見積もりのとき、来てくれた業者から
「ウチ以外に、どこの業者を検討しているんですか?」
と聞かれることがあります。

 

そのときは、正直に答えたほうが都合がいい場合があります。
すでにもらった他社の正式見積もりの金額を伝えて、
値引き交渉をすることができます。

 

直接の値引きに至らなくても、無料段ボール箱の数を増やしてもらったり、
本来は有料の不用品回収を無料にしてもらったり、何かと有利になります。

 

また、後日、その後どうなっているかとかという追及があっても、
他社の見積もりと検討中だからと、時間稼ぎをすることもできます。

 

 

正式見積もりで「引越し日」確定

 

正式見積もりで引越料金が確定します。

 

本来、引越料金は曜日によって変動がありますので、
曜日を確定して金額が確定します。

 

つまり、正式見積もりを出してもらう段階で、
引越し予定日が確定している必要があります。

 

たまに、希望する予定日が業者の都合でトラックが手配できないなどで、
その前後に変更することがありますが、
いずれにしても、正式見積書には引越し予定日が記入され、その日で引越料金が確定します。
したがって、確定した引越し日から逆算して引越作業を進めていくことになります。

 

午前便と午後便で料金が違うのページに進む