引越しの準備はいつから始めれば安くなる?

MENU

引越しの準備はいつから始めれば安くなる?

準備は早くしたほうが良いというのが結論です。
引越は早く始めるほど、準備や作業を慌てることなく
気持ちに余裕をもちながら進めらます。

 

引越し準備で一番面倒なのが「捨てていくモノ」→処分品

 

冷蔵庫や洗濯機ローテーブルなど粗大ごみは、
自治体で決められた日程に合わせて廃棄しなければなりません。
また、そこへ持っていく手段も手配しておかなければなりません。
処分の問題は引っ越しする人みんな悩むものです。

 

特に後手になりがちなのが、
掃除機やトースター、小型の扇風機などの小型家電です。
持っていくかどうかを決めるのさえ後回しになりますが、
持っていく」「持っていかない」など色分けしたポストイットを張るなどして
目についたときに、しっかり区分するようにしましょう。

 

持って行かないと決めた物

・早めに処分する
・友達にあげる
・ヤフオクなどで売る
・リサイクルショップに持って行く(来てもらう)

のが良いでしょう。

 

キッチン周りの小物は、計画的に早めにゴミ出し

 

料理に使う調味料類、食器洗剤類は、
引越しで結構面倒になるアイテムです。
引越し2日前は調味料などは使い切る。
ボトル、瓶は捨てる。
引越し前日には生もの・調味料などは台所にない状態にしたほうが良いです。

 

直前まで使用したくなるものですが、
前日できれば2日前)は外食を考えた方が良いです。
容器がビンや缶、プラスチック製がほとんどで
それに合わせてゴミ出しするとなれば、引越し日の一週間前から
それぞれに決められた日に合わせて廃棄していく必要があります。
荷物搬出日に処分品が残ってしまうと捨てるのが本当に大変です。

 

 

電気・水道などのライフラインの連絡

 

電気、水道、ガスなど公共サービスへの連絡も
事前にしておく必要があります。

 

電気は、電気料金明細書などに
「引越し時の連絡先」として電話番号が記載されています。

引越し日を伝えれば、その日の夕方か夜に電気をとめる手続きをしてくれます。

 

 

水道も、料金明細書などに記載されている電話番号に連絡します。
引越しすることを伝えれば、担当部署に回してくれて、
引越し日の夜もしくは翌日に停止されるよう手配されます。

 

ガスは、料金明細記載の電話番号で利用停止の手配をしてくれますが、
担当の人が指定の日に点検にやってきます。

 

そのため、引越し前日までガスを利用したい場合、
引越し当日、作業の邪魔にならない時間を予定するためにも、
早めに連絡して都合のいい時間を確保しておきましょう。

 

→電気、水道をストップしてもらうのは電話すればすぐに終わります。

 

 

予定日が迫って慌てると費用がかさむ!

 

このように引越しは荷造り以外の作業が多くあります。
しかも、それらはゴミ出し日の日程に合わせて行っていくため、
手間と時間がかかります。

 

引越し費用は、できるだけ安く抑えるのが鉄則です。
廃棄にかかる費用は計画的に時間をかけて行えば、実質ゼロ円も可能です。
時間に余裕をもって、計画的に引っ越し作業を進めていきましょう。

 

急に引越しをする場合は、荷物だけ先に送る
1、2日はホテル宿泊
その間に旧居で水道、電気など退去手続き
その後、新居で荷物搬入ということもできます。

 

 

複数社見積もりで「安い引越し」のページに進む